たまログ ~さいたまブログ~

さいたま・上尾市で35万部。地域密着型フリーペーパー!誌面連動型ブログ

法律相談[第28回] 遺言書②

法律相談[第28回] 遺言書②

Q. 私は、費用をかけずにいつでもどこでも
手軽に作成できると聞いたので、自筆証書遺言を
作ろうと思っているのですが、よく耳にする
公正証書遺言も気になっています。
自筆証書遺言と公正証書遺言の違いについて教えてください。

A. 公正証書遺言というのは、公正センター(公証役場)で作成してもらう遺言書です。
作成に費用がかかりますが、なくしてしまう心配や、後から偽造される心配がありません。
自筆証書遺言と公正証書遺言の大きな違いの1つとして、
遺言者が亡くなった後に裁判所での検認の手続きが必要か否かという点があります。
自筆証書遺言の場合には、裁判所に検認という手続きを申し立てる必要があります。
検認は、相続人間で、どのような内容の遺言書があるのかを確認し、
それ以降の遺言書の偽造を防止する手続きです。検認の手続きが面倒なので、
自筆証書遺言でなく、公正証書遺言を作成するという方も多いです。
ただし、来年の2020年7月10日からは、自筆証書遺言でも、
検認の手続きをしなくてもよい場合が認められるようになります。
法務局における自筆証書遺言の保管制度というものが創設されます。
これは、自筆証書遺言を作成した人は、法務大臣の指定する法務局に
遺言書の保管を申請することができるという制度です。
遺言書保管所に保管されている遺言書については、家庭裁判所での
検認の手続きが不要となります。
※他にもご相談・ご質問をお待ちしております。

kao

【取材協力】

弁護士 高橋 千恵

慶應義塾大学卒業、上智大学法学研究科法曹養成専攻修了後、
弁護士登録。埼玉弁護士会所属。
現在、アーネスト法律事務所代表を務めている。

☎048-711-7053
南区南浦和3-16-18-2階
メール:takahashi@earnest-lo.com
HP: http://www.earnest-lo.com/


運営者:(株)アドファースト 本社内「たまログ事業部」

〒338-0001 さいたま市中央区上落合2-3-2 MIO新都心 TEL 048-826-6767 FAX 048-851-5535 E-Mail mail@tamalog.jp
※2018年5月1日より上記へ移転しました。

たまログ ~さいたまブログ~

記事RSS - ログイン