たまログ ~さいたまブログ~

さいたま・上尾市で35万部。地域密着型フリーペーパー!誌面連動型ブログ

まさかの梅毒陽性

Q. 先日、唇のしこりに気づきました。口内炎ができやすい体質だし、季節によって唇が荒れることもあるので気にしていなかったんです。マスクをしてごまかしていたんですけど、ランチでマスクを取った時、同僚に「唇のでき物ちょっと変じゃない?見たことないよ、そんなの」と言われてしまいました。Webで調べると、梅毒の初期症状に似てることがわかりました。すぐ病院に行って梅毒の検査をしてもらったんですが、まさかの陽性。1ヶ月くらい抗菌薬(ペニシリン)を服用すれば完治するとのことなので、梅毒自体に不安はないんですけれど、今付き合っているのは彼だけなので、彼から感染したことになりますよね。全く想定外の出来事で、彼とどう向き合えばいいのかわかりません。

 

A. 梅毒は主に性的接触(他人の粘膜や皮膚との直接接触。性行為だけでなくオーラルセックスやキスだけでもうつることがある)によってうつる感染症で、原因は梅毒トレポネーマという病原菌です。症状の赤い発疹が楊梅(ヤマモモ)に似ていることからつけられたそうです。感染すると全身に様々な症状が出ます。あなたの唇のしこりもその一つです。あなたもおっしゃっているように初期であればペニシリン等の服用で完治する病気ですから心配はないのですが、彼があなた以外の女性と性関係を持っている可能性が極めて高いのでそれにショックを受けているのですね。「全く想定外の出来事」「どう向き合えばいいのか」と悩んでいらっしゃるお気持ち、お察し申し上げます。

少し落ち着いて考えていただくと問題点はただ一つ「自分以外の女性と性関係を持つ彼は愛せない」かどうかということですよね。その相手がたまたま梅毒トレポネーマの保菌者だったということから、彼が感染して、あなた以外の女性と性関係を持っていることがわかったわけですが、もしあなたが梅毒に感染しなかったなら何も知らずに二股かけられていたわけです。確かに恋人同士は暗黙の了解で「私とだけ」「僕とだけ」という関係ですし、結婚している関係なら妻や夫以外と性関係を持てば「不倫」「不貞」として当事者はもちろん、社会的にも糾弾され、女性の場合はなおさらで、社会的地位や人としての価値さえ失いかねません。旧憲法下では、罪人として逮捕されたりもしました。「人を裏切る」ことの中でこれほどひどい裏切りはなく、裏切られた方は一生心に傷を負うことになります。

しかし、しかしです、辛いことではありますが、私たち人間が誰かと出会って愛し合ってカップルになり、日々を楽しく過ごす、そしてまた、いつか別の人と出会ってその人を愛するようにならないとは誰にも言えません。自分の愛する人がそうなったら、それを「そうなんだあ…」と思うより仕方ありませんよね、それを喜んであげるのは無理だとしても…。人を愛するにはそれくらいの覚悟が必要なんでしょう。ただあなたの場合彼の相手は軽い遊び心かもしれないですしそんな彼だとしたらこの際「あなたに梅毒をうつされた」とだけ告げて縁を切るかはたまたまっすぐ向き合って話し合ってみるかしかないでしょうね

 

リニューアル新連載
【男と女のQ&A】~恋愛編~case 57


運営者:(株)アドファースト 本社内「たまログ事業部」

〒338-0001 さいたま市中央区上落合2-3-2 MIO新都心 TEL 048-851-5534(代) FAX 048-851-5535 E-Mail mail@tamalog.jp
※2018年5月1日より上記へ移転しました。

たまログ ~さいたまブログ~

記事RSS - ログイン