たまログ ~さいたまブログ~

さいたま・上尾市で35万部。地域密着型フリーペーパー!誌面連動型ブログ

平成最後の年末年始はプロ食材で 家族の団らんをより特別に!大宮市場

平成最後の年末年始はプロ食材で
家族の団らんをより特別に!大宮市場

食材のプロが選りすぐったお正月・おせち食品がずらり
大宮市場の年の瀬の風物詩、「年末特別大売り出し」が今年も開催されます。
日程は12月24日(月・祝)から30日(日)まで。
通常、市場は水曜・日曜・祝日が休市日ですが、この期間は例年休みなし。
今年も24日・26日(水)・30日(日)とも営業です。
食材のプロが選び抜いた伊達巻やかまぼこ、数の子といったおせちの定番をはじめ、
新巻鮭や酢だこ、イクラなどお正月にこそ食べたい食品が勢揃い。
身がぎっしりつまった上にお手頃価格も自慢のボイルタラバガニデラックスも人気です。
「年末年始のおかずは、やっぱり市場食で!」というリピーターも多く、
毎年、多くの一般客でにぎわいます。株式会社埼玉県魚市場取締役の池田 彰さんによれば
「例年、前半は比較的来場者が少な目。今年も24日・25日・26日は、比較的すいているので、
お買い物がしやすいと思いますよ」とのことです。

sijyo
プロの技を間近に見れるのも市場ならでは

年末の市場は魅力いっぱい正月用青果も贈答用品も!
一般市民も気軽に利用できるのが大宮市場の魅力です。大宮市出身の夫に
「社会科見学で訪れた市場にまた行ってみたい」とさそわれて以来、大宮市場の
とりこになったという主婦の木村ちはるさん(43歳。大宮区在住)。
「プロが使っているだけあってハズレがありません。それに市場の人って意外と気さくで、
おまけをしてくれたり、調理法や保存法も教えてくれるんです。冷凍食品も充実しているので、
大型スーパー感覚で大量買しに行ってます」。
「年末特別大売り出し」は、そんな大宮市場の魅力がつまった6日間です。マグロをはじめ、
脂が乗った旬の寒ブリやカキなどの鮮魚、くわいやえび芋、聖護院大根などの高級野菜、
ギフトに最適なル・レクチェなどの果物、さまざまなブランド牛、豚、鶏が並ぶさまは、
まさに大人も楽しめる社会科見学。
しかも、山本水産店長の吉田茂さんによると「プロの料理人御用達の市場だからといって、
一から調理しなければならないような食材だけを扱っているわけじゃないんですよ。
塩抜き不要、あらかじめ味付けがしてあって、解凍したらすぐに食べられる数の子や、
シシャモの卵入のヤリイカなど、手間ひまのかからない食品が、ここ数年の人気です」とのこと。
お正月はぜひ、市場食材で家族団らんを!


運営者:(株)アドファースト 本社内「たまログ事業部」

〒338-0001 さいたま市中央区上落合2-3-2 MIO新都心 TEL 048-851-5534(代) FAX 048-851-5535 E-Mail mail@tamalog.jp
※2018年5月1日より上記へ移転しました。

たまログ ~さいたまブログ~

記事RSS - ログイン